2014/02/10

カリフォルニア満喫

JMTの予備日を利用してカリフォルニアを満喫してきました!

スタートはローンパイン。シエラネバダを北上していきます。1ヶ月かけて歩いたところを車で一気に移動。

数日間で色々見て回ったのですが、いかんせんもう1年半も前になるので記憶が曖昧・・・グランドサークルも行きたかったけど近場!?を満喫しましょうという事に。

思い出せる限りで行った所を並べてみると、
・マンモスレイク
・ヨセミテ国立公園
・レイクタホ
・リノ
・サンタモニカ
ハイキングは無しで完全に観光です。

まず、マンモスレイク。マウンテンリゾートで食料補給でよった場所。とにかく何日も山の中にいたあとに行ったということと、ちょうど夏休み期間ですごく華やかで盛り上がっていたのでゆっくり見てみたいなと思っていた。
何よりも1番の目当てはそこにあるアウトドアショップ。JMTではベアキャニスターを買う為に行ったのだが、狭い店内なのにバラエティーに富んだまさにかゆい所まで手が届いているアウトドアショップ。
未だにここを超えるショップはありません。この辺によった際はぜひ立ち寄ってもらいたい。

次に、ヨセミテ。完全に観光客気分で行ってきました。あと何回行けるかわからないけど、リピート必至です。

観光モード

ジャイアントセコイア


レイクタホはヨセミテの少し北にあるレイクリゾート。PCTも通っている。トレイルもあったけど湖みてゆっくりして満喫。

リノとサンタモニカはショッピング。
リノはネバダ州にある昔ながらのカジノで盛り上がったと見られる町。ここには巨大なパタゴニアのアウトレットがあります。これ目的で行く価値は十分にあります。激安です。
サンタモニカはビーチには全く興味を持たず、REI目的。
JMT歩く前の準備を含め、カリフォルニアのアウトドアショップはかなり制覇した気がします。


そんなわけで十分に予備日も満喫しました。このあとはカナダに戻ってまた少し歩いてから帰国です!

ジョン・ミューア・トレイルかわら版でJMTの情報を発信中です!


2014/02/06

ジョン・ミューア・トレイルその後

Whitney Portalから最寄りの町Lone Pineまで移動。

標高は約900m。3000m位を一気に下った事になる。後ろにはMt Whitney。一気に降りて来たんだなーとしみじみ。



tingが泊まって良かったといっていたモーテルへ。車を降りた瞬間・・・暑っ!!!
気温は40℃を超えていた。今朝は0℃近くで震えていたのに・・・



そしてまずは待ち望んだシャワータイム。茶色いお湯が自分の体から流れると聞いていたが、本当に流れた!約2週間も洗ってないからね。

快適快適。全身2回づつ洗ってやっとまともなお湯が流れていった。

その後はビール!久しぶりすぎて即酔っぱらってしまったけど燃料補給できました。そしてふかふかのベッド。これはJMT歩き出す前以来だから約1ヶ月ぶり!

快眠でした。

無事予定通り下山できたので出国まで数日ある。レンタカーもあるし少し観光しようという事に。

続きはまた後日。


ジョン・ミューア・トレイルかわら版でJMTの情報を発信中です!

2014/02/03

ジョン・ミューア・トレイル Day24 (Final Day)

8/28

行動予定:Trail Crest JCT 〜 Whitney Portal
距離:18.4km
標高差:-1873m
天気:晴れ

ご無沙汰しておりましたがついに最終日。これで終わりかと思うとなかなか書く気が進まず放置してました・・・

日の出を山頂で見たいが為に5:06出発。この旅で最初で最後の暗い中での歩き出し。
歩き出して3分くらいでTrail Crest JCTに到着。ここでみんなは荷物をデポして山頂アタックを目指す。
体もできているし荷物も軽くなっているので持っていっても良かったが、特にこだわりはないし、tingはまだ標高に慣れきっていないので他のハイカー達と同じようにデポして山頂を目指した。



スタートしてすぐに標高は4000mを超える。tingは暗い中での山歩きには慣れていないのでペースは遅め。
そうこうしているうちに太陽が出始めた。



そしてついにゴールのMt Whitney山頂へ到着。アメリカ本土最高峰、ゴールがこの場所とはなんと粋な計らいか。

この山は日本で言う富士山的な山なので、沢山の人がいた。とはいっても富士山程ではないだろうが。





いやー、なんだかんだ色々あったけど、2人でここに立てたのは本当よかった。
記念撮影を終え、山頂でコーヒーでもと思い準備をしていたら、tingが寒いと言い出した。
確かに風は強かったけど風をよけれる所もあるのであまり気にせずお湯を沸かし始めたら、どうも様子がおかしい。寒気が止まらないと。

症状からどうやら高山病っぽい。すぐさま下山開始。荷物をデポしてあるTrail Crest辺りまで降りてやっと落ち着いてきた。



JMTはもう終わっているのだが、ここから下界まではまだまだ。一気に下る。
普通JMTの最終日は山頂アタックしたのち、下山途中で1泊してWhitney Portalまで行くのが一般的だが、完歩した達成感と有り余った体力、そして久しぶりの下界で待っている暖かいシャワーとふかふかの寝床とビール。この誘惑に勝てず、一気に降りてみよう!ということになった。

結果、、、
長い!遠い!!ひたすら急なスイッチバックの下りがひたすら続き、膝もがくがく。結構来たなと思ったらまだ半分。とにかく長かったが無事Whitney Portalまで。
無事に帰還しました!

そして今回、Whitney Portalには我々のレンタカーがスタンバイしている!
普通のスルーハイカーは約1ヶ月も車をこのゴール地点に置いておくわけにも行かないので、ヒッチハイクして最寄りの町のLone Pineまで行くのだが、tingが気を利かせてくれて一度離脱したときにレンタカーでここまできてそこから合流したOnion Valleyまでヒッチハイクやら地元のおじさんに乗っけて来ていたのだ。

ヒッチハイクしないと行けないとなると早めに下山しないと捕まりづらかったりする。ナイスting。

車で降りる前にトレイルヘッドの売店で休憩。
下山の最中頭の中でいっぱいだったコーラを購入。そしてそのときに店のおばちゃんに勧められたポテトもなぜか購入。ここ1ヶ月大していいもの食べてない胃袋にヘビーすぎるから、下山したらまずはうどんみたいなお腹に優しいものが食べたいなと思っていたのに。。。
しかも量多いし!でも食べましたけどね。





と言う事で、JMTを24日間、食料補給4回で無事完歩しました!
一緒に歩いたハイキングポール、最後の最後で折れるという落ちもありました。


ジョン・ミューア・トレイルかわら版でJMTの情報を発信中です!








2013/12/12

ジョン・ミューア・トレイル Day23

8/27

行動予定:Wright Creek 〜 Trail Crest JCT
距離:20.9km
標高差:+800m
天気:晴れ
気温:4℃

7:30起き。
もうここまで来ると体もロングトレイル仕様になっていて、いくらでも歩けるといった感じ。加藤さんが言っていたハイカーズハイというのが何となくわかる気がする。

9:35出発。ゴールは目の前で少し寂しい感じもあるけど、それ以上にどんどん歩きたい。
今思うとtingはきっと着いてくるのがやっとだったかもしれず、後ろめたい気持ちもあったが、体が先に動いてしまっていた。

JMTの中盤は毎日のように昼位から雲が出てきて雨にも幾度となく打たれてきたが、ここ何日かは雲一つない快晴続き。

分かれ道が出てきた。このまままっすぐ行くとメキシコ国境まで続いているPCT、左へ曲がればゴールのMt Whitney、そして下界へと続く道。このまままっすぐ進みたい気持ちもあったが、右へと曲がる。



さらに少し歩くとレンジャーステーションがあり、そこで昼食休憩。
下界も近く、沢山の人が歩くこの周辺では人間の排泄物の問題がある。今までと違って好きな所で用は足せない。携帯トイレを持参しないと行けないエリアだ。

とは言っても遥か200km以上先から歩いている。最後の最後に必要な携帯トイレを最初から持っていくのはたかが何十グラムしかないとはいえ気が重い。

でもさすがアメリカの国立公園。トレイル場に携帯トイレが置いてある。事前にこれも調べてあったので特にびっくりはしなかったが、いよいよ最後かという実感が湧く。



しかも何とここにはトイレがあるのだ!JMTでは唯一ここだけ。(以前は他の場所にもあったらしいが、すでに撤去されていた)これも事前に調べてあったので、ここを目指して何日か前からずっと出さずに我慢してきたのだ(汚くてゴメンナサイ)。



出発当初はここからもう少し先にあるギターの形をしたGuitar Lakeに泊まり、翌日ホイットニーにアタックする予定でいたが、Day 14で出会ったおっさん曰く、最高のテント場だというホイットニー直下のテント場を、ギターレイクでテントを張っている人達を抜かして目指した。




標高3500mを超える中、永遠と続くスイッチバック。ヘロヘロになりながらようやく着いた場所は、おっさんの言葉通りだった。
貸し切り、最高の景色。まさに最高級ホテルの最上階のスイートルーム。
ホットバスにキンキンに冷えたビール、最高級のステーキ。そんなわけわなく、風も強いし、日が落ちると気温が一気に下がる。
だけどもJMTで最高のテント場である事は間違いなかった。






ありったけの服を全部着て、残りのガスをふんだんに使い、沸かしたお湯をナルゲンボトルに入れ湯たんぽ代わりとして寝袋の中にくるまった。

さあ、明日はいよいよゴールだ!


ジョン・ミューア・トレイルかわら版でJMTの情報を発信中です!











2013/12/09

ジョン・ミューア・トレイル Day22

8/26

行動予定:Golden Bear Lake JCT 〜 Wright Creek
距離:22.5km
標高差:+800m
気温:9℃
食事:B しらすおかゆ

6:30起き。9:00出発。
ここに来てログブックに何も書いてない・・・

Forester Passを目指す。JMTで最後のPass超え、ラスボス手前の大ボスかな。標高も4000m近くある。
順調に歩いたが、やはりキツイ。tingは1週間近く歩いていなく、しかも標高が低い所で生活していたのでかなり辛そう。3分位歩いて休むというスローペースで進んでいくが、何とか到着。距離も長かったし、大ボスにふさわしかった。


きついForester Passの登り

Passは強風でした


ここを境にセコイア国立公園に入る。Passのあとは一気に下り。全部で13枚あった地図もついにラスト1枚に入った。
急な下りのあとは緩やかな下りが永遠と続く。Mt Whitneyと書かれた看板が出てきて、ついにMt Whitneyも見えてきた。
22日目にしてやっとゴールが視界に入ってきたのだ!
予定していたキャンプ地まで行くには2人ともバテバテだったのでその手前のクリークの近くでテントを張る事に。


一気に下った

Whitneyの表示が!


左から2番目の山がゴール


ゴールが目前で、行ってやるという気持ちと、あと何日かでこの生活も終わりなのかと思うともう少しこの生活に浸っていたいという複雑な気持ちが湧いてきた・・・

ジョン・ミューア・トレイルかわら版でJMTの情報を発信中です!