2013/08/31

ジョン・ミューア・トレイル Day11

8/15

行動予定:Vermilion Valley Resort 〜 Bear Ridge Trail JMT JCT 手前
距離:7km
標高差:300m
天気:晴れ
気温:9℃→23℃

VVRにてゆっくりと朝食。これがおそらくJMTで最後の豪華な食事。
気持ち悪い・・・・完全に飲み過ぎ・・・・アルコールを受け付けない体になってしまったのだろうか。

今日の行程は、本来なら船に乗ってJMTを外れた所まで戻り歩き始めるというコースを取りたいのだが、前述した通り船は出ていない。
よって歩いてきたJMTまでの約7kmを戻る、という予定でいたのだが、湖の反対側を歩くBear Ridge TrailからもJMTへ戻ることができる。しかもそのトレイルヘッドまではピックアップトラックで送ってもらえるらしい。

だが、このBear Ridge TrailからJMTへ戻るとJMTの区間約9kmをスキップしてしまう形になる。そうするとその区間を歩けないのでどうしようかと悩んでいたが、トレイルに戻るまでかなりの距離があり、その後の行程もきつくなるということと他にスルーハイクを目指しているハイカー達もみんなBear Ridge TrailからJMTへ戻るということから、みんなと同じルートでJMTへ戻ることを決断。
ほかのトレイルも歩けるし、昨日歩いたところを戻るのも面白くないしね。

という訳でパッキングを開始したのだが、予想以上に食料が多い。なんせこの先10日分位の食料をパッキングしないといけない。2人分の食料をベアキャニスター3個の中に詰め込む。
当然重量も重くなり、この日がJMTの中で最も重たい日。計っていはいないが、20kgは軽く超えていたな。

と同時に使わない装備を置いて行くことに。他のハイカーが使えそうなものはハイカーズボックス(ドラム缶)に、使えないものは処分。
結局、靴下1組・下着1組・石けん(このあとシャワーは入れないので)は処分、大量に買ったが一回も使わなかった虫除けをハイカーズボックスへ。

朝に洗濯もしたのでなんだかんだでトレイルヘッドに着いたのが10:20。現代風ジョン・ミューアが送ってくれた。

バテバテ

トレイルヘッド



まずは湖の反対側まで1山超えるのだが、この旅始まって以来の重さと体調不良でかなりのスローペースでないと歩けない。。。
トレイルはJMTほどメンテナンスはされておらず、草木をなぎ倒しながら進んで行く。

やっとの思いで1山を越え、その後はしばらくCreek沿いのほぼ平坦な道を歩く。
このCreekはものすごく綺麗だった。釣りに来る人達もいるらしい。
天気も良く、先に出発していたハイカー達はCreekの中で川遊びしていた。
14:00〜2時間程雨に当たる。



途中で水分補給中


徐々に体調も回復してきたが、tingの足の状況は悪くなる一方で、最初は片足だったのが、両足が靴連れ、さらにはバックパックの重さもあり全然ペースが上がらない。

エスケーププランも本気で考えないと・・・

18:00まで歩き、予定していたJMTの合流地点までは行けなかったが、テント場として選んだ場所は貸し切りでかなり快適だった。

乾かしてからのテント設営



ジョン・ミューア・トレイルかわら版でJMTの情報を発信中です!









0 件のコメント:

コメントを投稿